ザイザルの薬の画像

私はもともとひどいアレルギー体質で、特に花粉なんかの季節には生きているのが辛くなるくらいでした。そんな私を救ってくれたのが「ザイザル」という薬です。ここでは私を救ってくれたこの薬について詳しく載せていきます。

日光アレルギーはザイザルやタリオンで対策

紫外線の強い日に外出すると、すぐに肌が真っ赤になったり、蕁麻疹が出来てかゆくなってしまうという方には、日光アレルギーの疑いがあるので、日差しの強い日には外出を避けた方が良いでしょう。
日光アレルギーは遺伝する傾向にあるので、両親や祖父母がそうであった場合は受け継いでいる可能性が高くなります。
予防法は太陽が照っているあいだではなく、曇りや雨の日に外出するようにしたり、どうしても晴れの日に出かけなければならない場合は、帽子や日傘、日焼け止めクリーム、長袖の洋服を着るなどして、日光に当たらないようにするようにしましょう。
日光アレルギーにより、皮膚が腫れたり、蕁麻疹や湿疹を発症したときは、抗ヒスタミン薬のザイザルまたはタリオンを服用すれば、症状を抑えることが出来ます。

ザイザルは、グラクソ・スミスクライン株式会社から発売されている薬で、ヒスタミンH1受容体拮抗作用のある主成分のレボセチリジン塩酸塩が、日光アレルギーなどによる各種アレルギー症状を和らげてくれます。
一日一回一錠の服用で済むのがザイザルの利用しやすい点なので、アレルギー体質の人は病院で処方してもらうか、個人輸入代行通販で購入するようにしてください。
タリオンは、田辺三菱製薬株式会社から発売されている薬で、主成分のベポタスチンベシル酸塩が体内に入ると、日光や、それ以外のさまざまなアレルギー症状を緩和できます。
食事の影響をあまり受けないため、食後、食前など、いつでも好きなときに飲めますし、即効性が高いので、1~2時間も経てば、血中濃度が最高になります。
タリオンは効き目が早いのが魅力なので、ザイザルを使ってもあまり効果がなかった方は、この薬を選ぶようにしましょう。